YouTubeの縦型ライブ配信のShortsフィード掲載について

1. ショートフィードとは

YouTubeのショートフィードとは、YouTubeショート動画が一覧で表示されるページのことです。ユーザーの興味や関心に応じて、動画が自動的に表示されるため、短時間で多くのユーザーにリーチできます。ショートフィードに掲載されれば、多くのユーザーに商品やサービスの情報を認知してもらえるでしょう²。

2. ショートフィードに乗るための要素

ショートフィードに表示される動画の数は、視聴者の興味や過去の視聴履歴など、さまざまな要因によって異なります。また、動画の長さ、視聴回数、コメント数など、動画のパフォーマンスにも影響されます。これまでの市場の結果から、ショート動画のアルゴリズムには、以下のようなものが含まれていると推測されます。

  • 視聴回数
  • 視聴完了率
  • いいねの数
  • コメントの数
  • チャンネル登録者数
  • ユーザーの興味や関心

3. ショートフィードに乗るための戦略

3.1 ショート動画の投稿を継続する

ショート動画の投稿を継続して行うことで、視聴者にチャンネル・自社の存在を認知してもらえるでしょう。定期的に動画を投稿すれば、チャンネルにアップロードされた動画の本数も確保できるため、再生回数の増加が期待できます。

3.2 投稿するショート動画のテーマを固定する

取り扱うテーマに統一感がないチャンネルは、視聴者が好みに合わない動画も視聴してしまう可能性があります。そのため、投稿する動画のテーマを固定する必要があります。

3.3 視聴者にとって有益な情報を与える

視聴者が知りたい情報や視聴者に役立つ情報を提供できれば、視聴者の満足度を高められるため、再生回数を増やすことが可能です。

3.4 ショートフィードに表示されることを狙う

ショートフィードに表示されることで、多くの視聴者に再生してもらえる可能性が高まります。そのため、流行っている動画の傾向を調査し、実際にバズっている動画を参考にして企画を練ることが大切です。

4. 結論

YouTubeのショートフィードは、視聴者の興味や関心に応じて動画が自動的に表示されるため、短時間で多くのユーザーにリーチできます。ショートフィードに掲載されれば、多くのユーザーに商品やサービスの情報を認知してもらえるでしょう。しかし、ショートフィードに表示される動画の数は、視聴者の興味や過去の視聴履歴など、さまざまな要因によって異なります。また、動画の長さ、視聴回数、コメント数など、動画のパフォーマンスにも影響されます。これらの要素を考慮に入れ、ショート動画の投稿を継続し、投稿するショート動画のテーマを固定し、視聴者にとって有益な情報を提供し、ショートフィードに表示されることを狙うことで、YouTubeのショートフィードに乗る可能性を高めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *