stable diffusion webui AUTOMATIC1111の導入方法

Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)をローカルPC(Windows)にインストールする方法を以下に詳しく説明します。この手順は、以下の4つのステップで構成されています。

  1. Pythonのインストール
  2. Gitのインストール
  3. Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)のインストール
  4. 動作確認

1. Pythonのインストール

Python 3.10.6をダウンロードしてインストールします。Python Releaseから、自分のPCに合ったインストーラーをダウンロードしてください。インストーラーを開き、[Add Python 3.10 to PATH]にチェックを入れて、[Install Now]をクリックします。インストールが完了したら、Pythonのバージョンを確認してください。

2. Gitのインストール

Git – Downloading Packageから、自分のPCに合ったGitの最新バージョンをダウンロードしてください。ダウンロードしたインストーラーを起動し、全てデフォルト設定で進めてください。

3. Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)のインストール

以下の手順でStable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)をインストールします。

  1. stable-diffusion-webuiのリポジトリからデータをダウンロードします。
  2. ダウンロードが完了したら、[stable-diffusion-webui]フォルダが作成されます。
  3. [stable-diffusion-webui]フォルダ内で、右クリックして、[Open Git Bash here]をクリックしてターミナルを開きます。
  4. 開いたターミナルに下記コマンドを入力し、Enterキーを押します。
git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui.git
  1. インストールが完了すると、ターミナルに[Running on local URL: http://127.0.0.1:7860]が表示されます。Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)が自動的に起動します。

4. 動作確認

ブラウザで[http://127.0.0.1:7860]にアクセスし、Stable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)が正常に起動することを確認してください。

以上がStable Diffusion Web UI(AUTOMATIC1111)の導入方法です。ご参考になれば幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *